--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/03/07 (Tue) 古書との遭遇。Ⅱ

こちらも、同じ古本市で見つけた掘り出し物。
「はげしい傷み具合だなぁ」と思いながら手にし、奥付を見た途端、検印の素晴らしさに衝動買い。
200円也。

20060226023406.jpg


kenninn.jpg


最近、装丁とか検印とか、純粋に内容を読みたい以外の理由で古本を買うことが増えました。
基本的に、自分にはコレクター魂が眠っているのだと思う。
これは結構、じつは危険なことです。
お金と場所には限りがある故。

でもね、なんとこの本の中から、四葉のクローバーが出てきたんだよね。
それも数本。
『愛情』という名の本に、はさまれてやってきたクローバーには、なんだか納品書以上にこころに響くものあり。
これを押し花にしてずっと長い間大切にしてたに違いない、前の持ち主のことを考えていました。
戦後間もなくに出版されたこの本。
もしかしたら、もう亡くなってるかもしれないけれど。
貴女の人生はいかがでしたか、と。

嗚呼、やっぱり古本という魅力は尽きることなく。

本とマンガと、ときどき映画、ときに音楽 | trackback(0) | comment(2) |


<<伊香保に行って来ました。 | TOP | 古書との遭遇。Ⅰ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


素敵だ 

チャオ?
こういう時に【素敵だ】と思える事は素晴らしい。

あ、所でblogがサーバーアクセスし過ぎで、飛んでしまったんですよ。

なんで解約&新サイト作りました~
真面目なやつね(笑)
またお時間ある時にでもどーぞー

2006/03/22 19:22 | 幻像 [ 編集 ]


 

サバ!

ちょっとくさいコメントになっていて自分で読み返したら恥ずかしかったです(笑)
新サイトにお引越ししたのですね。
まだ幻像さんのところに酔っ払いコメントしに行ってないのに~。
すいません~。
今、飛んでいこうとしたら、PCからはアクセス拒否されてしまいましたよ……。

2006/04/10 02:57 | アオネコ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tenuguikinngyo.blog15.fc2.com/tb.php/67-39fa6f39

| TOP |

プロフィール

アオネコ

  • Author:アオネコ
  • 金魚と暮らす日々。
    日常のとりとめもない話を気まぐれに更新しています。
    ただ今は丹頂の「蝶子」、らんちゅうのイチとナナ、2つの水槽と一緒です。
    いつになったら何か見つかるのだろうか。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。