--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/05/14 (Mon) 祖母のこと。

今日は祖母の通夜でした。
それまで病気らしい病気もしたことがなく、いつも元気ハツラツなイメージしかなかったおばあちゃんでした。
それが一か月ほど前、急に自宅で倒れて救急車で運ばれ入院。
しばらくは危険な状態が続いたものの、この一週間ほどは意識が戻り、回復に向かってこれからの治療方針などを話し合っている最中の急変でした。

子供のころは、親に連れられてお正月やお盆など、節目節目に会っていたけれど、もうここ10年くらい忙しさや仕事にかこつけて全然会いに行っていなかった。
緊急入院したあと病室のベッドで対面した祖母が、記憶の中の彼女より一回りも二回りも小さくなったなぁと思ったとき、否応なしに気づかされました。たった4人しかいない孫なのに、全然孝行できなかった……。

そんな情けない気持ちも抱えながら、今日のお通夜に向かいました。
会場に着くと、祭壇の上では、元気なまんまるリンゴほっぺのおばあちゃんが、今にも農作業に出かけていきそうな普段着姿にスカーフを巻いて笑っていました。
それは私の知っている記憶の中のおばあちゃんそのもので、しゃべりかたや歩き方、作ってくれたおせち料理の栗きんとんなど様々なことを思い出しながら、お坊さんの上げてくれるお経を聞いていました。
あとで聞くと、その写真は20年近く前に祖母と一緒に行った初詣で、父と弟と祖母を入れて私がシャッターを押したものだそうです。
出てきた写真の中で、それが一番いい笑顔だったから選んだよ、と叔母さんに言われました。

その写真を撮ったとき、まさかそれが遺影に使われるなんてもちろん誰も思わなかったけれど、その言葉でなんだか少し救われた気がします。
祖母がいて父がいて私がいるということが、そこには確かな形になってるんだなと思うのです。


おばあちゃん、ありがとう。

明日は、旅立ちをお見送りしてきます。

わたくしごと | trackback(0) | comment(0) |


<<いちばん東のヨーロッパ 【19日目】 | TOP | 刺さる言葉。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tenuguikinngyo.blog15.fc2.com/tb.php/645-3e2cfc35

| TOP |

プロフィール

アオネコ

  • Author:アオネコ
  • 金魚と暮らす日々。
    日常のとりとめもない話を気まぐれに更新しています。
    ただ今は丹頂の「蝶子」、らんちゅうのイチとナナ、2つの水槽と一緒です。
    いつになったら何か見つかるのだろうか。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。