--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/01/22 (Sun) 父と娘と車のハナシ

最近はつぶやいてばかりで、ちっともふつうの日記を更新しなくなったなー。

と思ったのでちょいとここらで日常のはなし。

関東が珍しく雪になった週末。
わたしの住むところは残念ながら冷たい雨でございました。
でも、かなり冷え込んで、ちょっと屋外に出ただけでも吹き付ける風に「ヒイ~!!」ってなる寒さ。
たまたまその日のお仕事現場は父の職場方面だったこともあり、帰りは待ち合わせして途中の駅から父の車に拾ってもらいました。寒かったから最寄駅からの徒歩25分を回避できて助かったー。

ブログでもあまり登場しないうちの父、「厳格」とか「亭主関白」という言葉からは程遠い人でして、趣味が似たり寄ったりなこともあり、大人になってからは父娘で情報交換を結構したりしてる間柄なのです。
でも帰路、30~40分間、車内ではなんだかちょっといつもより改まった雰囲気になるのはなんなのか。
仕事の話とか、子供のころ連れて行ってもらった大きな公園の話とか、車の話をしたりしてたら、流れで父が次に乗りたい車の話になりました。
思いがけず「コペン」という答えを聞いて、ちょっと驚くと共に結構アリかもと思った私。
(補足:2人乗りの小さいスポーツカーなんだけど、走り屋的な路線じゃなくて、大人の遊び心のあるスポーツカーです。)
今は家族みんなで出かけたりすることもないし、いいんじゃない?
って言ったら、まんざらでもない様子の父。

自分でそう言いながら、そういえばもう久しく家族4人揃ってお出かけとかしてないなぁと思ったら、ちょっと感慨深いものがありました。
昔は外食したり、買い物に行ったり、旅行したりと定期的にみんなで車に乗る機会があったのに今は全く。
年齢的に当たり前っていえば当たり前なんだけどね。
逆に言えば、いまだに独立せず、父をアッシーくんとして頼ってるわたしはどうなんだという……。
まあ、いつか嫁に行ってしまえば、こういう2人の時間もなくなるので、今だけ限定ということでご容赦頂きたく候。

そんなこと考えるのも、友達が結婚して子供ができたよっていう報告も増えてきたりで、なんだか「家族」について思いを巡らしてしまうからかもしれない。
現実的にはなんにもベースがないので、考えたところで妄想にすぎないんだけど、なんとなくやっぱり車でお出かけって私の理想とする家族のイメージなのです。
一個の空間にすっぽり収まってる感がそうさせるのかもしらんけど、その空間に漂う安心感とかバランス感とか家族を構成する基本的な要素がすべてそこに凝縮されてにじみ出ているようで。

全体にぽわんとしたオレンジ色で包まれてるような家庭。
それがわたしの希望です。
(妄想とも言う。)



わたくしごと | trackback(0) | comment(6) |


<<いちばん東のヨーロッパ 【17日目】 | TOP | 2011年のまとめ&2012年の抱負>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

 この車で出かける家族のイメージというのは柴崎友香の「きょうのできごと」に出てきた話と似ているなと思いました。小説のほうでそっくりな話があったように思います(映画は見ていないので)。もっとも、交わされる会話は関西弁(神戸寄り!)ですが。
 個人的なことを言えば、私の場合は家族というのはみんなで山の河原に飯ごう炊さんに行くイメージです。そういう家だったもので、、、

2012/01/23 00:07 | Togi [ 編集 ]


 

おお、飯盒炊爨ですか!
家族みんなでってなんだか微笑ましいですね。
うちの父が昔、飯盒で炊いた飯が食べてみたいって言い出したことがあったのですが、母からおこげを落とすのが大変だからという理由で断固拒否されていました。父は諦めきれなかったらしく、そのあと一人寂しく庭で炊いてましたが。(笑)
うちに比べ、Togiさんのご家族は団結力がありそうですね。

柴崎友香さんの「きょうのできごと」は、原作・映画共に未チェックでした。
そうなんですね。たしかに普遍的な家族像ではあると思います。
神戸寄りの関西弁も聞いてみたいので、機会があったら映画観てみたいかもです。


2012/01/24 00:11 | アオネコ [ 編集 ]


 

きょうのできごとをパラパラと確認してみたのですが、ちょっと違うような気がしてきました。確かに車に乗った状態での描写が多いのですが。どうもほかの話と混ざってしまっているような気がします。

2012/01/24 21:44 | Togitani [ 編集 ]


 

Togiさん、こんばんは。
そうなんですね…補足ありがとうございます。
受け取り方は様々というか、たとえば小説の中のちょっとしたワンシーンだけ強く記憶に残ることもありますよね。
好きな漫画が映画化されたとき、個人的に印象的だった場面がカットされててびっくりしたことがあります。

2012/01/26 01:08 | アオネコ [ 編集 ]


 

あっ、名前が(笑、まあいいや)。

話としては、ピーナッツ(スヌーピー)の話が混ざってしまっているんだと思います。下記のリンクが適切に表現しているのかな。

http://blog.livedoor.jp/sohsai/archives/51499675.html

私の場合、家に車もなく、移動といえば徒歩か、電車、せいぜい自転車なので、同様のイメージというものが弱く少し残念なところでもあります。

2012/01/26 01:50 | Togi [ 編集 ]


 

そうそう、まさにこういう感じです!
ピーナッツって結構確信をついてきますね。
特に旅先で夜の知らない土地の森の中とか走っていると、守られている安心感と同時に、「もし二人が本当の親じゃなくてこのあと捨てられちゃったらどうしよう…」っていう空想が浮かんできて急に怖くなったりしてる子供でした。(笑)
いつかは終わるってわかってたのかな。

一般的な車のイメージでなかったとしても、一家団欒のイメージが確かに残っているのならそれは、ステキなことですよ。

2012/01/26 02:39 | アオネコ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tenuguikinngyo.blog15.fc2.com/tb.php/634-5e6d5607

| TOP |

プロフィール

アオネコ

  • Author:アオネコ
  • 金魚と暮らす日々。
    日常のとりとめもない話を気まぐれに更新しています。
    ただ今は丹頂の「蝶子」、らんちゅうのイチとナナ、2つの水槽と一緒です。
    いつになったら何か見つかるのだろうか。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。