--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/08/01 (Mon) 親知らずに泣いた一週間。

するすると天井からクモが落下してきて驚く深夜。

抜歯から明日で一週間、ようやく状態も落ち着きつつあります。
先週は、金曜日に学校の修了式もあり、クラスメイトと会える貴重な時間だったのにもかかわらず、この術後経過が良くなかったために、火曜日と金曜日しか出席できなくて悔しかった…。
でもどうにか修了式は参加できて良かったです。

下の親知らず(特に埋まってる場合)が大変て言われるのを、身を以て実感しました。

一体どうなってたかというと、
まず当日7/25 14:30手術開始。
麻酔の注射を3本されたので術中の痛みはなく、かなり緊張したわりに、手術自体は事前に言われてた1時間よりも早く正味30分くらいで終了。
途中で歯茎をめっちゃ削られてるっぽいゴリゴリする感覚や、各種穿削器による凄まじい音に怯えつつも、先生と衛生士さんに励まされてるうちに終わってホッとする。
もともと、顎が小さくて生えきらない埋もれてる歯だったので、傷口の縫合痕が喉のかなり近くまで達しており、口を開閉すると傷に障る感じ。
19時すぎたころに麻酔が切れてきたので、おかゆ的なものを少し食べて、もらった抗生剤と痛み止めのボルタレン錠を飲む。

0時過ぎになって、だんだん痛みが出てくる。
しかし、薬剤師さんにボルタレンは強い薬なので最低6時間は空けて服用するよう言われていたのを思い出し、1時まで耐える。
その後、4日目までとめどなくこの6時間サークルな生活を続ける羽目になるとは、このときはまだ知る由もない。

翌7/26
朝一で病院へ行き、消毒をしてもらい、その後学校へ。
神経の損傷がないかどうかのチェックをされる。問題なし。
顎が腫れてきたけど、まだ痛み止めでどうにかごまかせる範囲。
夕方くらいからちょっと熱っぽくなり、気が付くと腫れも大きくなってきた。

7/27
寝るときや、歩くときに腫れてるほっぺが全体に重力方向へ引っ張られるのを感じるくらい(そして痛い)最高潮に腫れあがる。
2日目くらいが一番腫れると言われていたし、ちょっと遅れて症状が出てるのかなと思い、学校は休むことに。
口も1㎝ちょいくらいしか開けられず、流動食的なもので過ごす。

7/28
引き続き腫れ引かず。
もう4日目だし、昨日の夜くらいから痛みの種類がちょっと変わった気がして心配だったので、念のため病院へ。
なんていうか、術後の熱を持った痛みから、神経に響く疼痛みたいな感じに切り替わってきてたし、痛み止めが効きづらくなってる。
診てもらうと先生、開口一番に「ドライソケットだね」。
おお…。
前日にいろいろ心配で、親知らず抜歯のリスクについて調べてた私はその言葉にショック。
ドライソケットとは、抜歯した穴になってる部分に、出血が極端に少なかったりで本来形成されるべき歯茎の元ができず、患部がむき出しになってしまい炎症をおこして痛みが発生するというもの。
それって確か、痛み止めが効かないくらいの痛み、とか書いてあるHPもあったよね…。
先生からも説明を受け、特にこれという治療法はないので落ち着くまでしばらくがんばってください的なことを言われる。
ひとまず手持ちの痛みどめが残り少なくなっていることと、ずっと常用してしまっている旨を伝えたところ、新たに常用に向く痛み止めを処方してもらえた。

帰り道。早く治すにはどうしたらいいか。
つまり血肉になるものを摂取すればいいのではなかろうか。
と思った私、さっそく焼き鳥屋さんでレバーを買ってみたのでした。

夜、これまでにない疼痛にじりじりと苛まれる。
歯をたった一本抜いたくらいでこの様とは、大病と闘っている人は本当に大変なんだなと神妙な気持ちになる。

7/29
痛みどめが効くと信じて学校へ。
腫れが昨日より収まってきたのは良い兆候。
あまりにもだと電車の中で居たたまれないので。

修了式は、みんなでウルウルしてしまいました。
3か月間、本当にあっという間だった。
最後の方は、テスト勉強に追われて必死だったりもしたけど、この日々がもうちょっと長く続けばなぁって考えたりもした。
久々にノートを取る楽しさに目覚めたりとか、日直とか、お昼どこにいこうかとか、他愛もない話したりとか。
楽しかったなぁ。
そして、素敵な出会いに感謝です。

そんな思い返しと、またこれからも繋がっていたいなっていう連絡やりとりをしながら、ハロワでの手続きを済ませ、また鳥レバーを買って帰宅。

7/31
腫れがほぼ引いて、神経に響いてこめかみまで痛くなるような疼痛もかなり収まる。
レバーの効能かどうかは定かではないが、ドライソケット状態は改善された模様。
やっと薬漬けから解放されそう。

やっぱり歯は大事です。

わたくしごと | trackback(0) | comment(2) |


<<きのう、今日、あした。 | TOP | チビが増えました。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

体験談を読むと痛ましく、思った以上に相当辛かったんだね。気遣ってあげられなくてごめんね。
その後どうですか?抜糸も取れて楽になったいるとよいのだけれど…

2011/08/02 22:25 | お母さん=ファイティ [ 編集 ]


 

ファイティ母さんへ
いえいえ、学校でみんなと先生に会えるのが一番の励みになってましたよ。
でも笑うと痛いっていう…(クラスにいると常に笑ってましたもんね)
抜糸したら煩わしさがなくなって、ちょっとラクになりました。
もう外見からだとわからないくらい腫れも引いたし。
また来週病院に行ってきます。

2011/08/02 23:14 | アオネコ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://tenuguikinngyo.blog15.fc2.com/tb.php/597-033fd25e

| TOP |

プロフィール

アオネコ

  • Author:アオネコ
  • 金魚と暮らす日々。
    日常のとりとめもない話を気まぐれに更新しています。
    ただ今は丹頂の「蝶子」、らんちゅうのイチとナナ、2つの水槽と一緒です。
    いつになったら何か見つかるのだろうか。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。