--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/01/17 (Tue) アオネコ的まんが道

未読のまんがの山を消化してたら、夏の『きょうの猫村さん』(ほしよりこ/マガジンハウス)以来の、おおッ!と思うまんがに出会った。
なので今回はお気に入りのまんが特集。



・『青い花』(志村貴子/大田出版)
「もし私の好きな人が女の子だったらどうする?」
って帯に書いてある通り、鎌倉の女子高が舞台の女の子同士のラブストーリー。
って言うと、ちょっと引く人もいると思うが、これに限ってはフツウの女の子が読んでもたぶん共感できるんじゃないかと思う。描き方がさわやかで、甘酸っぱくて、それでいてファンタジーにはならない絶妙のさじ加減だからだ。
読んでいて(エロでもないのに)こんなにドキドキしたのは久しぶり。読み始めてすぐに、「あ~読み終わっちゃうのがもったいない!」と思った。
あたしは、志村貴子作品はこれが初めて。他にもエンターブレインなどで作品が出ているのでこれから読んでみたい。


・『あおくび大根』(山崎健/メディアファクトリー)
10月の新刊ながら、おおよその書店で売り切れ続出。
11月に重版上がりでやっと手に入れた人も多いんじゃないかと思う。
あたしも買おうか迷っているうちに売り切れてしまった口。
このまんがの何が好きって、主人公があおくび大根であること以上に彼の友達が、「桜島くん」すなわち桜島大根であるということ。
細かいネタが満載のギャグまんが。
くだらないが、くだらない笑いに癒されたいときのあるのだ、オトナには。



あ……。まんが特集とか言っときながら二つしかあげてないや。
すいません。


本とマンガと、ときどき映画、ときに音楽 | trackback(0) | comment(0) |


<<まとまりの無い思いつきエンドレスバトン。とやら。 | TOP | 「超」急性鼻炎。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tenuguikinngyo.blog15.fc2.com/tb.php/58-dca88fd9

| TOP |

プロフィール

アオネコ

  • Author:アオネコ
  • 金魚と暮らす日々。
    日常のとりとめもない話を気まぐれに更新しています。
    ただ今は丹頂の「蝶子」、らんちゅうのイチとナナ、2つの水槽と一緒です。
    いつになったら何か見つかるのだろうか。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。