--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/12/08 (Wed) 奄美大島2日目 【東シナ海ルートとマテリアの滝】

奄美大島2日目 【東シナ海ルートとマテリアの滝】

10/15(金)
8:15 起床
9:30 チェックアウト
今日は、奄美大島の中心地・名瀬から、南部の中心地・古仁屋へとひたすら南下する移動日。
名瀬から古仁屋へは、太平洋側を通る国道58号が一番早くて快適なメジャールートなのだが、
行きを東シナ海沿いで帰路を58号にしたら、奄美をほぼ一周できるのでは?ということで、まずはこちらのルートをチョイス。
後で振り返って私は、このルートを選んで良かったなと思ったけれど、
時間の限られた観光の人にはおすすめしない。そういうルートだ。

相変わらずの曇天だけど、
なんとかこのまま保ってほしいところ。

出発して少し走ると、もう建物らしい建物はなくなって、自然の緑と海があるばかり。
時折顔を出す太陽の光で、海の色がエメラルドグリーンに輝いて見える。
その表情の違いが圧倒的。

国直海岸の手前で、気になる風景を見つけ、車を停めて少し散策。
集落ごとに、港があって自販機があって、小さい商店がある。そんな感じの規模である。
そしてまた、海岸と港と集落をいつくか通り過ぎる。

11:45 海岸線からそれて、マテリアの滝へ向かう山道に入る。
山道というかむしろシダの生い茂るジャングルでした。
7.5kmに及ぶカーブに続くカーブ、そして急坂。
すれ違う車が一台もいなかったからよかったものの、ハンドリングに大忙し。
(そう言いながら写真撮ってたけど)
M0010249_convert_20101208005952.jpg

フォレストポリス、という自然体験施設を通り過ぎ、
さらに細い山道を登り進むこと数分。

12:10 やっとマテリアの滝発見。
本当に山の中で、駐車場があるのかないのかよくわからない状態でしたが、ともかくその空間に駐車。
降りて滝まで歩く途中も、上から何か降ってこないか、横の茂みからハブが飛び出してこないか、足元に生き物が潜んでいないか等々、四方八方に細心の注意を払いながらビクビク進む女ひとり。
ここでハブに噛まれて倒れても誰にも気付かれないよなーとか思いながら。

そんな思いをしながらたどり着いたマテリアの滝は、とても静粛で、
なんだか日本じゃないみたいだった。
もっと近づいて見たかったけれど、ハブの恐怖が拭えず早々に退散。

奄美3滝M0010278

山道を戻り、また元の国道79号へ。
あ、お昼食べてないや。

13:10 戸円ふれあいパーク
13:30 名音
14:10 宇検
15:00 マネン崎
海が見下ろせる高台で、古仁屋から嘉鉄への道の途中に何度も寄った、お気に入りの場所。
M0010313_convert_20101208011133.jpg

15:20頃 宿に到着。
オーナーが買出しからまだ戻っていないとのことで、おばぁが対応に出て下さる。
「じゃあちょっとお散歩してきますねー」とカメラを持って散策に。
M0010314_convert_20101208010706.jpg


16:00頃 お散歩から戻り、チェックイン。
ウェルカムドリンクの麦茶と黒糖とかりんとうが用意されていて、アットホームな雰囲気が好きだなと思った。
お部屋は6畳の和室で、こじんまり。
でも何よりの魅力は、感じの良いオーナーの人柄に尽きる。
わたしは2泊お世話になったのだけれど、また奄美に来るときは必ず戻ってきたい宿です。

18:00~19:00 オーナーお手製の夕飯。
郷土料理と家庭料理なんだけど、本当にどれも美味しくて、特に味付けが絶妙なのです。できるなら花嫁修業させてもらいたいくらい。(笑)
おなか一杯になったところで、「デザート入ります?」と誘惑の声。
地元のジャラート屋さんから調達しているサンゴ塩のジャラートだそうで、もちろん美味しく頂きました!
M0010357_convert_20101208011927.jpg

20:00~ ムラサキヤドカリツアーbyオーナー
すぐ向かいの海岸にお散歩。奄美大島固有のムラサキヤドカリという大きなヤドカリを探しに行きました。
ソテツの葉っぱが好物とのことで、その下に隠れてることが多いそう。
カサコソ言ってる音が聞こえる方向をよく見ると、歩いてたりします。
大きいと貝殻だけで10cm以上ありそう。
観察した後は、静かな波打ち際でしばしまったり。
日常の喧騒を離れて、とはまさにこういうことだよねとか話したりしました。

長時間のドライブと、今日見た景色と、おいしいごはんに胸いっぱいで、おやすみなさい。

明日はやっと、晴れの予報。
きれいな海を堪能したくて、お隣の加計呂麻島でのシュノーケリングツアーに申し込みました。

| trackback(0) | comment(0) |


<<日記らしい日記。 | TOP | 奄美大島1日目 【小雨降るダイビングの巻】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tenuguikinngyo.blog15.fc2.com/tb.php/543-bd7d29de

| TOP |

プロフィール

アオネコ

  • Author:アオネコ
  • 金魚と暮らす日々。
    日常のとりとめもない話を気まぐれに更新しています。
    ただ今は丹頂の「蝶子」、らんちゅうのイチとナナ、2つの水槽と一緒です。
    いつになったら何か見つかるのだろうか。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。