--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/10/08 (Wed) 西の旅 【1日目】

何ヶ月も前から予約をし計画を立ててきた、今回の西の旅。
出発直前に発生した台風により、初日から雨という不測の展開になりつつも、飛行機は無事に運行。降り立った雨の松山からスタートした旅の模様をダイジェスト(これでも一応)と携帯写真でお送りします。
愛媛・高知・広島をめぐる4泊5日の珍道中です。

一日目 9/30(火) 【濁流の四万十川の巻】
4:50 起床
5:30 出発
6:35 羽田空港着
7:35 離陸
9:00 松山空港着
9:15 小雨の降るなか、レンタカーでいざ出発。
    ……したはいいが、乗りなれない車でブレーキとアクセルの遊びの程度やら、カーナビの使い方やら、シフトレバーの違いなど、もろもろの違いに戸惑いまくり、とりあえずレンタカーの営業所からまっすぐ2kmくらいのところで発見したコンビニへ。
駐車して、今一度初めから手順を確認。安全運転に焦りは禁物と言い聞かせ、持参のCDをセッティング、ルームスプレーをシュッシュッして、準備を整え再出発。

台風が接近中であることをふまえ、当初の四国カルスト経由を中止し、内子経由でなるべく最短ルートで走りやすい道を選んで今夜の宿まで行くことにした。

と思いきや松山市街の混雑を抜けて安心したのもつかの間、予想以上の本格山道へ突入。
一瞬、国道から外れたのかと思ってしまうくらいのヘアピンカーブが続き、旅の前に練習?した地元での山道レベルがまだまだ甘いことを知る。

12:02 ハラハラしつつ、「道の駅・内子フレッシュパークからり」到着
お腹も減ってきたので、併設の「あぐり亭」といううどん屋さんで昼食にする。
麦を使ったお蕎麦のような色のうどんで、とても健康に良いらしい。
かけうどん600円と揚げパン100円を注文。
どちらも美味しかった!特に揚げたてふんわりの揚げパン!
1揚げパン
途中雨に濡れたお遍路さんも訪れていた。この旅の期間中、何度かお遍路さんは見かけたが、やはり歩き遍路の方には尊敬の念を禁じえない。

お腹がいっぱいになり、体も温まって、また運転再開。
雨は朝から小康状態。

15:00すぎ 高嶋神社、という畑の中にぽっかり残されたようなステキな神社を発見。
わざわざ引き返してきて、ちょっと寄り道することにした。
傘をさしながらの写真撮影は大変だ。

15:25ごろ 広見の森・三角ぼうし という道の駅がある三叉路にて俄かに方向感覚を失い、迷子になりそうになる。
同じ場所を数回逡巡したのち、やっとこの魔のトライアングルから脱出に成功。

16:00ごろ 四万十川の源流に近づくにつれ、どんどん激しくなる雨脚。
四万十川の流れが眼下に見えるころには、道が見えないほどのどしゃぶりになってしまった。
当然、四万十川も濁流。清流が見たかったのにな・・・。

16:43 やっと宿にたどりついた。この旅唯一の2食付の民宿。夕飯が楽しみだ。
宿のオーナーは陽に焼けた人懐こい笑顔のおじさん。
どうやら今日のお客は私だけらしい。

18:00過ぎ 夕飯を食べに食堂へいくと、海の幸&山の幸の家庭料理が各種ずらりと。
おじさんにあいさつをして、食べ初めていると、四万十川で捕れるという毛蟹の食べ方や山菜の名前などいろいろ教えてくれる。
お目当てのカツオのたたきをタマネギたっぷりで頂く。
イタドリというペンネみたいな形の山菜が、初めて食べたが美味しかった。
それにしても、これは一人じゃ食べきれんわーと思っていると、またひょっこり顔を出すおじさん。
自分の晩酌を片手にテーブルにやってきて、世間話がスタート。
どこから来たのか、とか明日はどこを見てまわるのか、など定番の質問などに答えているうち、オリジナルのカクテルを一杯ごちそうになることに。
お酒に弱い私は全部飲まないうちに酔っ払ってきた。
そこへさらに近所のチャーミングなおばちゃんが訪ねてきて、そのまま話に加わり、気が付くと宴会。
ひたすら明るくて元気で威勢のいいおばちゃんだったので、話も面白くて楽しかった。
1時間くらい経ったころに、さらに近所のおじさんが一名加わり、最後は珍妙な3人に。
全然面識もないのに、なぜかあまり不自然さを感じなくて、いい時間を過ごさせてもらったなーと思う。

しかし、前日の睡眠時間が3時間未満なため、次第に眠気に襲われ、まだ宵の口だが部屋に下がることにした。

23:30ごろ 就寝 (しかしこの後、どこかで虫がカサコソしていて何度か起こされることになる)

≪走行距離160.9km≫





| trackback(0) | comment(0) |


<<きんもくせい | TOP | 降水確率100%の旅路>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://tenuguikinngyo.blog15.fc2.com/tb.php/396-d33dde44

| TOP |

プロフィール

アオネコ

  • Author:アオネコ
  • 金魚と暮らす日々。
    日常のとりとめもない話を気まぐれに更新しています。
    ただ今は丹頂の「蝶子」、らんちゅうのイチとナナ、2つの水槽と一緒です。
    いつになったら何か見つかるのだろうか。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。