--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/04/30 (Thu) ブックハント


坂口三千代『クラクラ日記』(ちくま文庫)

地元のショッピングセンターの長きに渡る大幅な改装が終わり、書店に古書コーナーとカフェが併設されていた。
古書は、GW期間中、ついてる値段からさらに10%オフらしい。
期待せずにさらりと一通り眺めて、前から一度読みたいと思っていたこの本を購入。
さっき図書館で受け取ってきた予約の本6冊入りのトートバッグが、たとえ肩にずっしり食い込んでいたとしても、古書といわれればチェックせずにはいられないという哀しさ。

スポンサーサイト

本とマンガと、ときどき映画、ときに音楽 | trackback(0) | comment(0) |


2014/10/06 (Mon) A new error



人生はエラーの連続だな、と。

本とマンガと、ときどき映画、ときに音楽 | trackback(0) | comment(2) |


2014/03/16 (Sun) 『わたしはロランス』

久しぶりの早稲田松竹にて、ずっと気になっていたグザヴィエ・ドラン監督の『わたしはロランス』を観た。

長く付き合ってきたカップルの男性が、ある日突然彼女に、実は女性として生きたい、と告白。
本当の自分として生きようとするロランスと、それをどう受け止め支えるかで揺れるフレッド。
そして、その二人を取り巻く家族や友人、職場の反応。

3時間の長い上映時間という以上にエネルギーを消費させる映画だった。
二人のお互いや自分に対する真剣さやパワーがものすごくて、観ている間中ずっと落ち着く場面がないのだ。
こちらまで怒ったり笑ったり忙しく、そして最後まで少しもどかしい。

あんなに長かったのに、見終ってからどうしてか感想がしばらく出てこなかった。
ただただ、素晴らしいと思った。
ロランスが?フレッドが。


本とマンガと、ときどき映画、ときに音楽 | trackback(0) | comment(0) |


2013/10/21 (Mon) 秋の夜長に。



jazzを聴き始めました。
今までかじったことがあるスタンダードから離れて、少し優しい感じのメローな曲調が今の季節にぴったりです。

本とマンガと、ときどき映画、ときに音楽 | trackback(0) | comment(0) |


2013/08/02 (Fri) 深く潜れ。



昨年のダイオウイカ以来、何かと話題に上る頻度の増えた気がする深海ですが、やっぱり海洋ものの元祖と言えば、わたしにとってはこの作品です。

ジュール・ヴェルヌ『海底二万里』

こちらは松村潔氏による新訳版の新潮文庫。
今日ふと立ち寄った本屋の夏文庫コーナーで目に留まり、作品自体は何回か読んでるんだけど、つい買っちゃいました。いまさら。
だって、初版版の挿画が収録されてるんですもの…!
それがまたステキなんですもの!!


ちなみに、深海といえば、国立科学博物館で開催中の深海展は、すでに前売り券を購入済みです。本当はダイオウイカストラップ付きの前売り券が欲しかった~。(笑)

本とマンガと、ときどき映画、ときに音楽 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

アオネコ

  • Author:アオネコ
  • 金魚と暮らす日々。
    日常のとりとめもない話を気まぐれに更新しています。
    ただ今は丹頂の「蝶子」、らんちゅうのイチとナナ、2つの水槽と一緒です。
    いつになったら何か見つかるのだろうか。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。